img_02

進化し続ける医療脱毛

日本の医療脱毛では、1970年代からニードル脱毛がメジャーに行われ、1996年に医療レーザー脱毛が登場した翌年には日本でも美容整形外科等でこのレーザーが導入され、現在の主流を占めています。

ニードル脱毛は、ムダ毛が生える毛穴に対し1箇所ずつ針を刺し、そこへ電流を流して毛根の細胞を破壊する処理方法で、永久脱毛が可能である程非常に高い確実性があります。

横浜のレーザー脱毛に関するお役立ち情報サイトです。

その一方で、施術時の痛みや処理に時間が掛るという難点もあり、これらの点を解消したレーザーが登場した以降では、医療脱毛の現場ではレーザー脱毛が主流の座を取り代っていますもっとも、現在でもニードル脱毛を扱う医療機関もあり、特にその確実性からレーザーでは脱毛し切れなかった或いは脱毛が困難な箇所等の処理に使用されています。
そして、医療レーザー脱毛も登場以来僅か数十年の間に各医療機器メーカーに於いてマシーンの開発や改良が行われ、様々な種類があるだけでなくより機能的にも向上が図られています。

NAVERまとめの情報を今すぐ確認できます。

具体的にその変遷では、まず1997年以来多くの医療機関で使用されて来たアレキサンドライトレーザーがあります。これは強力な威力を有し、毛根に多く含まれるメラニン色素の黒色に選択的に反応するため確実性及び安全性も高いレーザーです。

もっとも当初は照射時に弾くような痛みがあったことから、その痛みを軽減し産毛にも反応の良いダイオードレーザーが登場しています。

横浜の医療脱毛について正しい知識を持つこと重要です。

また、現在ではアレキサンドライトレーザーも冷却装置を搭載するなど痛みに対する改良も行われており、更に波長が長く色を問わないYAGレーザーも登場していることから、医療脱毛は日々進化し、ほぼ全身のムダ毛をより確実に且つ痛みを軽減した安全な方法で行われています。